顔のシミやたるみ対策は、外側より内側のケアを意識することが大切

「ケシミン」というアイクリームを、長い期間使っていました。一時期流行っていて、母も使っていました。シミを薄くするものなのですが、目のクマが気になる人にも使えるとのことで使用したいと思ったのがきっかけです。また、薬用と書いてあったので、化粧品の類ではないから効果を期待していました。

2年ほど使いましたが、顔のシミはなんとなく少し薄くなったかな? という感じもしましたが、目のクマについては全く効果がありませんでした。後に知ったのですが、目のクマはできやすい人とできにくい人がいて、どれだけ睡眠を取ってもクマが濃い人もいるとのこと。私も小さな頃から目の下にクマがあるので、きっとそのタイプなのだろうなと思いました。

一応、目のクマを薄くすると言われている顔のマッサージ(目の下を、内側から外側へ人差し指と中指で軽くマッサージする)は今もたまにしていますが、正直忘れがちです…。マッサージはアイクリームは使わず、お風呂あがりに使っている市販の乳液(白潤)で、顔全体を保湿する時に一緒にしています。

目のたるみについて

目のたるみは最近まで全く気にしていなかったのですが、1年ほど前からちょっと気になり始めてきました。目元パックを試したこともありますが、どうせ目元をケアするなら…と、顔全体のパックをすることが多くなりました。

たるみについては、クリームやパックなどではなく、顔の体操のほうが効果的かなと感じています。ほうれい線予防に、舌を口の中でグルグルと回し、ほうれい線のある部分を内側から押し上げるようにする運動をしたりもしてみています。

顔もシミに効くクリームはたくさんありますが、カンパンに効くクリームは聞かないので、カンパンを薄くしてくれるクリームがあったら使いたいと思います。

また、小さい子どもがいるお母さんも多いので、時間をかけずにサッと使えるクリームがあったら喜ばれると思います。

アンチエイジングについて

アンチエイジングについて思うのは、目、口もと、シミ、しわ、たるみ、など、パーツごとに分かれて色々なケアクリームなどが出ているかと思いますが、個人的には1箇所だけ気になる人というのはかなりの少数派なのではないかと思います。

私を含め、周りの女性はだいたい、目元のしわが気になる、口もとも一緒。シミも増えてきたし…と、顔を全体的に気にしている人が多いです。なので、「アイクリーム」だけを使うというのはあまり選択せず、「顔のしわを目立たなくするクリーム」のように、全体に効果が期待できるよう書いてあるクリームやパックを選ぶ人が多い気がします。

『お風呂あがりは5分以内には化粧水をたっぷりつけないと乾燥してシワの原因になる』と何かの雑誌で読んだので実践してみました。

子どもが小さく、お風呂あがりは子どものことが先になるのでなかなか大変でしたが、化粧水だけでも早くつけておくとやはり肌の乾燥度合いが全然違うので、今も続けています。

化粧水や乳液の私流選び方

更に、化粧水はバシャバシャとたっぷりつけたいのでそんなに値段の張らないものを選び、その後の乳液はちょっと良いものを使ってゆっくりと顔全体に塗りこむと良いとも聞いたので、乳液は雪肌精、米肌、極潤、など、周りで評価の高い乳液を使ってみたことがありますが、どの乳液が自分に合うかは使ってみなければ分からないので、いまだに試している途中です。

(私の場合、合わない乳液を使い続けると、吹き出物ができやすくなったり顔が赤くなってしまったりするので、高いクリームを買っても全部使い切る前にやめてしまうことも割とあります…)

ただ、クリームやパックで外側からケアするだけでは、やはり思うような効果を出すのは難しいと感じました。

早寝早起き、野菜を採る、水をたくさん飲む、適度な運動で代謝を良くする、など、体の内側から整えている人は、シミやしわもできにくい、というか、できてもひどくなる前に回復しやすいように思います。

 

これから夏に向けて日焼け止めクリームが必需品になりますが、日焼け止めクリームを使ったことが原因で、日焼けとは違うシミができてしまった友人を知っています。

その友人は日焼け止めクリームを使いたくないので、サングラス、帽子、日焼け防止の手袋などをして、かなり気をつけているようです。最近は「飲める日焼け止め」が出たと聞いたので、内側から効果が期待できるのかなあと思いますが、サプリメントとはまた少し違う気もして、使うのにちょっと不安がありまだ使えていません。

 

コメントは受け付けていません。